​脳神経外科

脳神経外科

主に博が担当。

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、水頭症、頭部外傷など、脳外科疾患一般のフォローアップ、脳梗塞再発予防、症候性てんかんなどの治療継続などを担当。さらには希望があれば、脳卒中予防、生活習慣病に対して体質改善、食事指導などを通じて、脳血管疾患の発症リスクを減らす指導も可能。

パーキンソン病、脳卒中後高次脳機能障害、脳卒中後認知症なども経過を診ていく事も行っている。

脳疾患後の筋肉の痙直、痙縮からくる上下肢異常肢位、筋力があるのに拘縮とうにより使えない等に対し、ボトックス治療も施行します。

また、

頭痛症、ふるえ、めまい等の症状に対し、様々なレベルで対応。